So-net無料ブログ作成
検索選択

民法総則 論述問題 模範解答 [行政書士 民法の独学教材]

onosyosi01.jpg

資格はほしいものの、勉強となるとモチベーションが途端に落ち込んでしまう状態だったとしても、 勉強した成果が目に見えて上がるようになり、やる気を維持しながら試験対策を進められる勉強法がこちら









あなたも、↓のような悩みを持っているかもしれませんが、


depression1.jpg


■市販の行政書士テキストでは通用するのか疑問を感じている

■イメージが全くわかず、全く覚えられない

■気持ちは焦るのにやる気が起きない

■合格する自信がまるでもてない

■無駄な勉強をしている気がしてならない










行政書士試験の出題数と配点の大部分を占めている行政法と民法に特化して学習を進めていけば、

↓のようになることができます。



bimages (2).jpg


■余計なことをしなくなり、時間、労力、お金の無駄がなくなる

■次の日、目が覚めても覚えている

■勉強が思うようにはかどる

■何をどれぐらい勉強すれば合格できるのかが明確になる

■わかる範囲がみるみる増えていく














小野たかひとさんの行政書士試験短期合格術は、

合格率は10%に満たない難関資格にも関わらず、毎年次々と合格者を生み出している勉強法マニュアルで

教材の発表前にモニター参加者20人が実践してみたところ、17人が3か月で過去問で180点の合格ラインを突破できるスキルを身に着けてしまったという実績があります。

onosyosi02.jpg


小野さんは、不動産鑑定士試験にも短期間で合格した実績のある人で、

このマニュアル作成に当たっては、行政書士試験に70日の勉強で合格し、

史上最年少で行政書士会会長表彰を受けた現役のスーパー行政書士もアドバイスしており、

行政書士試験に最短距離で合格するための勉強法となっています。

onosyosi05.jpg


行政書士短期合格のポイントは、行政法と民法の攻略にかかっていて、

もう少し言えば、行政法は択一式問題のノウハウを、民法では文章理解の攻略方法を実践するスキルを身に着けることが大切で、

1000条以上ある民法条文を覚えなくても、試験本番で正答率を短時間で導き出せるようになります。



具体的にどんなカリキュラムになっているのかというと、こちらに詳しい説明がありますので、

内容を整理して要点を挙げていくと、



onosyosi07.jpg


■誘惑に自然と打ち勝つようになれるある科学的手法

■政治・経済・社会を攻略するための方法

■平日仕事が忙しく勉強時間がとれないという人のための秘策

■たった1日の勉強で一般知識における恐怖のあしきりラインから逃れることができるテキスト








こうした内容となっていて、1日2時間の学習が基本となっているものの、

質の良い睡眠を短時間で達成する方法も一緒についてくるので、それほど勉強がつらいと感じることはありません。

dcimages.jpg










行政書士試験短期合格術のホームページには、

この方法で実際に合格してしまった人たちから小野たかひとさんあてに届いた体験談も紹介されています。


onosyosi08.jpg


文章理解の攻略方法についても、適切な指摘がされていて「目からウロコ」でした。

少ない勉強時間、短い期間で行政書士試験の合格を狙えるまでになりました。

正直あまり期待していなかったのですが、大変役立つ教材でした。

自己採点では合格できそうな感じです。







こうした声にある通り、

勉強法の良し悪しで、効率は信じられないほど変わるもので、

モチベーションを高く保ったまま、試験本番に臨むことができます。


onosyosi04.jpg


あなたも、合格ラインを突破できる実力を短期間で身に着けてしまうと、

今まで感じていた不安や悩みが、すべて解消されてしまいます。







onosyosi06.jpg

解けなかった問題もどんどん解けるようになり、過去問では合格ラインを超えるの当たり前になってしまう勉強法を実践してみるにはこちら









視快研 田中謹也
マロンブック
城彰二 ゴールからの逆算


共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。